妊活 タバコ

妊活中はタバコを止めた方がいい?

「妊娠中は禁煙」というのは広く知られていることですが、妊活中はどうでしょうか?
タバコは妊娠や妊活に関係なく辞められるなら辞めた方が良いに決まっていますが、なかなかやめられずにいる人も多いでしょう。
でも、これからママになるならタバコが胎児に与える影響を知っておく必要があります。
タバコが妊活に与える影響も併せて紹介していきたいと思います。

 

タバコが胎児に与える影響は?

 

妊娠中にタバコを吸っていると、赤ちゃんにたくさんの悪影響を与えます。

 

・子宮の血流が悪くなり胎盤の機能が低下する
・流産や早産しやすくなる
・胎児の発育遅延が起こる
・先天性異常のリスクがあがる
・胎児が低酸素状態になるので脳の発達が妨げられる

 

妊娠中の喫煙によって妊婦さんの血流が悪くなると、当然子宮の血流も悪くなります。
血流不足によって胎盤の機能が低下するので、流産や早産のリスクが高くなります。

 

また、胎盤の機能の定価は直接胎児に影響を与えます。十分な栄養が行き届かないので、赤ちゃんは発育遅延を起こします。
新生児の低体重や子宮内発育遅延などはタバコが原因の一つだと考えられています。
体の機能が十分に出来上がらないまま出産に至るので、様々な先天的な障害を持って生まれたり、抵抗力が弱いために合併症や感染症にかかりやすくなってしまいます。

 

毎年、0歳児の死因の上位にある「乳幼児突然死症候群」も妊娠中の喫煙によって、発生リスクが高まります。

 

生まれた時は健康でも成長とともに妊娠中の喫煙の影響が見られることもあります。
喫煙によって母体の血流が悪くなると、お腹の中の胎児は低酸素状態になります。
そのため、脳の発達が妨げられて成長とともに言葉の遅れや低い認識度など、学力の低下がみられる可能性があるのです。
さらに、妊娠中の喫煙は、多動性障害の原因の一つにもなると考えられています。

 

妊娠中、ママがタバコを吸うことは、赤ちゃんにこんなにもたくさんのリスクを背負わせることになるんです。
このことをしっかりと知って禁煙に向けて一歩を踏み出しましょう。
健康な赤ちゃんを産むためには禁煙は必要不可欠なのです。

 

タバコが妊活に与える影響は?

 

「タバコをやめなければいけないのは妊娠してから」と思っている人も多いかもしれません。でも、タバコは妊活の妨げにもなるんですよ。
タバコを吸っていると血流が悪くなるので子宮内の血流が足りず、子宮内膜は厚くなりません。子宮内膜が薄いと受精卵は着床しづらいですから、「喫煙は妊娠力を下げる」ということになります。
妊娠しやすい体をつくるためには、全身の血の巡りを良くして、子宮内環境を整える必要があります。禁煙は、妊活の一つだといえるでしょう。

 

それに、妊活中はいつ妊娠しても良いわけですよね。妊娠したらいきなり禁煙できる人なんていません。タバコを吸う量が多ければなおさらです。
妊活では、赤ちゃんを授かるための体の準備だけでなく、心の準備をすることも大切です。
妊娠したときのことを考えて、禁煙を始めるのも、妊活中にやるべきことの一つです。ママになるという覚悟を持ってくださいね。

 

まとめ

タバコは自分だけでなく、これから授かる赤ちゃんの健康にも悪影響を与えます。「赤ちゃんが欲しい」と思ったら、禁煙を始めましょう。
禁煙はママだけの問題ではありません。受動喫煙も胎児にとってはよくありませんから、夫婦で禁煙できると良いですね。