ベジママ 成分 効果

ベジママに入っている成分の効果は?

ベジママは妊活成分豊富な妊活用葉酸サプリです。
妊活効果が期待できる成分として「ピニトール」、「ルイボス」、「葉酸」、「ビタミンB12」、「ビタミンE」、「ビタミンC」が配合されています。
こちらではベジママの妊活成分それぞれに、どんな効果があるか紹介していきます。

 

ピニトールの効果は?

 

ピニトールは、他の葉酸サプリには配合されていないベジママ独自の妊活成分です。
アメリカで不妊治療に広く利用されている成分で、特に多嚢胞性症候群に効果があるとされています。
ビタミンB群の一種で、血糖値の改善や糖尿病などの生活習慣病の改善もできるスーパー成分として注目されています。
血糖値をコントロールすることは、体の血液の巡りを良くするためにとても大切なことです。血糖値が高く血液がドロドロな状態では、体に十分な栄養が行き届きませんから、子宮内環境も悪くなってしまいます。
ピニトールは、色々なアプローチ方法で妊娠力をアップさせてくれるのです。

 

女性の不妊改善効果だけでなく男性の勃起不全改善にも効果が期待できるので、夫婦で妊活のために飲むことができます。

 

ルイボスの効果は?

ルイボスは、体に必要なミネラルがたくさん含まれているとても栄養素が高く、体の巡りを良くする効果があります。
特に注目なのがルイボスに含まれるSOD酵素です。体内でしか作ることのできない体内酵素で、活性酸素を除去する効果があります。
残念ながら、SDO酵素は加齢とともに減っていきますから、ルイボスを積極的に摂ることで増やすことができます。

 

活性酸素は、妊活の大敵です。妊娠力を下げる活性酸素を除去してくれるSOD酵素は、卵子や子宮内環境が老化するのを防いでくれます。

 

葉酸の効果は?

 

葉酸には細胞分裂や増殖にアプローチする効果があります。
子宮内膜を強くして、フカフカの着床しやすい状態に導いてくれます。着床力だけでなく、定着力もアップさせるので妊娠しやすくなります。
さらに葉酸の造血作用で子宮内の血流が良くなるので、受精卵の発育にも役立ちます。

 

葉酸を妊娠前から飲むことで、胎児の先天異常のリスクを軽減することもできるので、妊活中から飲んでおきたい成分です。

 

ビタミンB12・C・Eの効果は?

 

ビタミン類にも妊活効果がたくさんあります。

 

・ビタミンE・・・ホルモンバランスを整えたり、アンチエイジングの効果があり、卵子や子宮環境の老化を防ぎます。
・ビタミンB12・・・葉酸と一緒に摂取することで効果がアップします。
・ビタミンC・・・還元作用が強く、活性酸素の除去に効果的です。ビタミンEと一緒に摂ると相乗効果を発揮します。

 

まとめ

ベジママには妊活成分がたくさん配合されています。それぞれに様々なアプローチからの妊活効果が期待できますから、ぜひ試してみてくださいね。
他の妊活サプリでは効果がなかったという人にもおすすめですよ。